櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者の櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。岡山市北区奉還町の櫻根座スタジオでは、津軽三味線・ピアノの体験レッスンを随時受付中です!

いくつになっても泣いたり笑ったりしていたい

投稿日:   Author:ayaka

昨日はカープが25年ぶりの優勝。25年というのがまた凄い。

黒田投手が海外からの高額なオファーを断って古巣の広島に移籍してから2年。広島に移籍する前にメジャーリーグの観戦でアメリカに渡りましたが、東京ドーム、神宮とすぐに行ける距離にいながらなかなか日本の試合を見れていませんでした。

今は特別に応援している球団はありませんが、それでも黒田投手はいつも私のどこかにいます。沢山勇気を頂きました。

「決断」決めて断つ勇気。

胴あげ時涙をこらえられない黒田投手の姿や選手の皆さんの喜ぶ姿にリアルタイムに見れていない私ももらい泣きしてしまいました。移籍の決断が結果的に今回の優勝に繋がり本当に嬉しいです。

いくつになっても歳のせいにせず失敗を恐れず何でも挑戦して、悔し涙や嬉し涙を流しながら最高の笑顔で生きていけたら幸せ。

黒田投手の手記で2012年に出版され翌年加筆され出版された『決めて断つ』

image

当時夢中で読みましたが、これはほんとに心掴まれました。

野球のことはもちろん、家族のことも書いてあり、これを読めば何故あの真っ直ぐな眼差しをしているかがよく分かり、いつ読んでも力をもらいます。

30代前半で両親を亡くしている黒田投手の言葉はリアリティがあって考えさせられました。

広島に戻った後に加筆され2015年に再版された『決めて断つ』

これを機にまたゆっくり読んでみようと思います。

野球の事をよく知っている方、経験者の方にはこちらもオススメです。きっと既に読んでいる方が多いと思いますが、よくわからない私でさえ、これまた夢中で読んでしまったので更に楽しめること間違いなしです。

いつも引退を考えて1年1年野球に打ち込んでいるという黒田投手ですが、行ける時に観に行かなきゃきっと後悔しますね。それはイチロー選手も同じ。しかし、マイアミ・・・マイアミ・・・考えよう。

 

改めてカープ優勝、おめでとうございます!

スポンサーリンク

-ブログ, 日記, 野球

Copyright© 櫻根座 , 2017 AllRights Reserved.