櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者である櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。津軽三味線教室(岡山・和歌山)にピアノ教室(岡山)、Live Performanceやイベントを通じて、世の中に音ギフトをお届けします。

元気に 陽気に のん気に^^

    Author:ayaka

本日は真っ青な空が広がる晴天の中、岡山支援学校の中学部の子供達の前での演奏会でした。

澄んだ空気、山に囲まれた環境に来て見つけたこの言葉。

日頃、忙しさと本番続きでちょっと忘れかけていたこの気持ち。

元気に 陽気に のん気に を心の片隅において、今出来ることを等身大の自分で、楽しんで感謝してやるだけ。

ハッとこの感覚、思い出し、思わず写真をとってしまいました^^  ありがとうございます。

会場に入り、先生方とご挨拶。

楽器のセッティングを終え、着物に着替え、会場に行くと子供達がいっぱい!

生徒代表の女の子が司会をして下さり、教頭先生は私達の経歴を事前にくまなくチェックして丁寧に紹介して下さいました。

津軽三味線の独奏から始まり、三味線の歴史のお話、そして三味線の歴史紙芝居、ピアノとのコラボ演奏。

中学部の子は知らないかもしれないねと言いながらガラッと雰囲気を変え、ビートルズの曲を演奏すると、会場が急にざわざわ。

なんと子供達が笑顔になり、口ずさみむ子も!

思わず私もグッときて、弾きながら子供達とアイコンタクトしながら歌ってしまいました。

後で聞いた話ですが、口ずさんでいた子はビートルズが大好きで凄く喜んでいたとのこと。

そして最後に演奏した「世界に一つだけの花」

みんなの歌声にびっくり。

閉会の挨拶では生徒代表の男の子が私達の前に来てお礼の手紙を読んでくれました。

一生懸命に言葉を紡ぎだしている姿に目頭が熱くなり、胸がぎゅーっとなりました。

先生方と協力して作ってくれた花束とストラップのプレゼント。

何でもないようなことも何倍も時間がかかることを教頭先生から教えて頂き、余計に想いが伝わり、大切に持ち帰りました。

普段あまり感情を表に出さない櫻根座の三味線奏者が退場後、泣きそうだったとボソッと一言。

うまく表現できませんが、車椅子だろうと松葉杖だろうと、私らにはわからない大変なことを沢山抱えながらもみんな一生懸命に生きているんです。

サポートする先生方や親御さんも同じです。

 

普段忘れていること。

色々考えさせられました。

櫻根座としてここにこれたこと、ご縁に心から感謝。

今年のテーマは「ご縁」と「感謝」ですね。

またみんなの笑顔に会える日を楽しみに、私達も恥ずかしくないようしっかり前向いてやりまっしょい!

元気に 陽気に のん気に^^ ね。

 

スポンサーリンク