櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者の櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。岡山市北区奉還町の櫻根座スタジオでは、津軽三味線・ピアノの体験レッスンを随時受付中です!

少しずつの積み重ね

投稿日:   Author:ayaka

以前も記事に書いたこともありますが、5月に櫻根座2人でマラソンチームに入りました。

毎朝土曜日、県営グランドに9時集合し、みんなでラジオ体操とスクワット、ストレッチ。

そこから少しして1周2.5kmの外周を走る。

私は全くの初心者なので、まずは1周を無理なく走れるように練習。

皆各々のペースで走り、休憩し、ワイワイ話し、解散する。

参加も出来る時にする。

イベントも参加出来る時だけ参加する。

強制、やらないと、じゃないところがとても良くて、だからこそ行ける時に行こうという前向きな気持ちになる。

みんな私達より大先輩で、マラソンを始めたのが50代、60代という方が沢山。

ほんとに凄い。

きっかけはそれぞれですが、マラソンは日々の煩わしいことも忘れれるのも魅力と言われていました。ほんとにそうだなぁと。

最初は皆さんが楽しそうに話しながら走っている横で1人ハァハァと横腹をおさえ、たったの1周でダウン。

そんな中、自転車通勤も2週間にもなると体力がついたのか、マラソンもだいぶ楽に1周出来るようになり、少しだけ前回より長く走ろう!と自分で決め、+500mを続け、

昨日、ついに5km達成!

もっと頑張ればもう少し走れたかもという距離で敢えて止める。

そう、何事も頑張りすぎは後にくる!頑張りすぎなくても後にくることもある笑

少しずつ少しずつ。

私が尊敬するイチローさんの大好きな言葉。

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

とんでもないとこがどこかはまだわかりませんが、私はこれを信じてマラソンも少しずつ距離をあげていこうと思います。

1人じゃ絶対に歩いてしまっていたところを、励まして一緒に走って下さったチームメイトの大先輩に、これからもついて行こうと思った土曜日。

いつかホノルルマラソンでみんなとゴールを噛みしめるために日々積み重ねるのだー!

〜出来ないは自分で作る思い込み〜

by あやか

というわけで、走ったあと、お店をオープンしてレッスンした私は、和歌山レッスンから帰ってきた夫にバトンタッチして、頑張りすぎていないのにスタジオでへたばったのでしたσ(^_^;)

今日も一日楽しもー!

スポンサーリンク

-活動日誌, ブログ, 日記

Copyright© 櫻根座 ♬ 2016-2017 AllRights Reserved.