櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者の櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。岡山市北区奉還町の櫻根座スタジオでは、津軽三味線・ピアノの体験レッスンを随時受付中です!

いいなぁは直ぐに取り入れまっしょい^^

投稿日:2018/6/23 更新日:   Author:ayaka

my mother's birthday🎂

congratulations!!🎉

好き、楽しい、が溢れる人 加羽沢美濃さんの魅力^^

BSジャパンで土曜夜11:30からEnter the Musicというステキな音楽番組をやっております。

今日は作曲家、ピアニスト加羽沢美濃さんが曲解説されていて改めて感じた彼女の魅力。

内容もさることながら、本当にこの方、クラシック、音楽が好きで、その楽しさを伝えたいが溢れていて、観ているこちらもワクワクしちゃう。

構えて「さぁ、弾きなさい」より、「この曲ね、ここのこの音がこうなってるからきゅんきゅんするんよねー!」なんてニコニコして先生が解説しながら弾いてくれたらよく分からなくても楽しくなっちゃう笑

先生が音を楽しんでるってやっぱり大事。

今日はヨナ抜き音階についてドボルザークの交響曲第9番「新世界より」の2楽章を題材に解説されてましたが、この交響曲が聴きやすく琴線に触れるのは何故か、なるほどー!とこどもみたいに頷いちゃいました笑

音階の4番目と7番目の音を抜いたこの音階は日本人が馴染みの赤とんぼや夕焼け小焼けなどの童謡や民謡でもよく使われていて、確かに郷愁にかられます。

やはり、なぜ、には理由があるんですねー。

ピンポン球にハ長調のヨナ抜き音「ドレミソラド」を書いて順番にくじのように一つずつ取ってもらい、その音の並びを使ってメロディを作り伴奏をつけて作曲しちゃうコーナーも、これなら私得意かも!?とワクワクしちゃいました。

作曲なんて出来ないと難しく考えてる人達向けにこれは良いレッスンだなぁと感心しちゃいました。

くじを引くという遊びが入るところもgood!

私もヨナ抜き音階で作曲遊びしてみよう^^

日々、いいなぁは直ぐに取り入れていきまっしょーい♪

スポンサーリンク

-ブログ, レッスン, 日記, ピアノ

Copyright© 櫻根座 ♬ 2016-2018 AllRights Reserved.