櫻根 亜桂 さくらね あやか

クラシックからポップス、ロック、なんちゃってJAZZ、弾き歌い、時々人生相談と、とにかく皆さんのやりたいことを楽しく叶え、関わった方とハッピーな時間を過ごすことをテーマに活動しています。

プロフィール

1976年12月19日

岡山県倉敷市児島生まれ

1978年~

父親の転勤のため群馬県高崎市へ引っ越し、3歳よりヤマハ音楽教室に通う。その後、小学5年生までに北九州、岡山と3度引っ越しを繰り返し、小学校4校通うもピアノは継続。

音楽推薦にて岡山城東高校音楽コース入学。
在学中、山陽学生音楽コンクールのピアノ部門 高校の部にて優秀賞受賞。
ピアノ推薦にて香川大学教育学部中学音楽科入学。岡山新人演奏会出演

1999年

島村楽器岡山店にピアノインストラクターとして入社し、大人会員制ピアノレッスン実施

2003年

キーボードマガジン歌伴コンテストをきっかけに自身の修行のため、島村楽器退社し上京。

上京後、櫻根裕之ボーカルのポップロックバンド『ザ・シューターズ』のキーボーディストとして活動開始。バンド活動の傍ら、ソニーミュージックにてデビューが決まった女性シンガーのピアノレッスンを担当。

2008年

音楽事務所CACUUに所属し精力的にバンド活動実施(渋谷公会堂、渋谷O-EAST、他多数ライブ出演、CD(single1枚,album2枚リリース)、TV、ラジオ出演、母校岡山城東高校の学園祭出演等)

2009年

バンド解散と同時に事務所を脱退

2010年

通常のバンド形態にホーン隊、ダンスコーラスをプラスした大所帯ライブユニット和装ロックンロール楽団「39×69(サクロック)」を始動。自ら代表を務める傍ら、ダンスコーラスとして参加

2010年

アサヒビールと音楽チャンネル「MUSIC ON!TV」主催 1万人規模の野外フェス 「ASAHI SUPER DRY THE LIVE」の一般公募オーディションにて出演枠4組に選ばれ、レミオロメン、GOING UNDER GROUND、Superflyらと共にライブパフォーマンスを展開し好評を得る。


(ダンスコーラス:赤担当)

2011年~

東日本大震災をきっかけにバンドとしての音楽活動を一旦終了。同年、島村楽器に再入社。

クラシック以外にも枠にとらわれない、POPS、ロック、なんちゃってJAZZ、幼稚園の劇中音楽作曲、保育士弾き歌いレッスン、コード弾き、バンドアレンジと一人ひとりの要望に合わせたレッスン内容が定評を得る。

2016年

家庭の事情により地元岡山へ戻り、アーティスト兼津軽三味線奏者である櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかが所属する音楽事務所『櫻根座』を立ち上げ、自ら代表兼マネージメント、レッスン業、イベントコンサルタントとして事業スタート。

2017年

6月 奉還町に櫻根座スタジオオープン

2018年

ピアノレッスン、櫻根座としての津軽三味線とのイベント演奏活動を行う傍、岡山マツダ野田店ショールームの専属ピアニストとして活動中〔木金 13:00〜15:00 (第2金曜日を除く)

\ スポンサーリンク /

© 2020 櫻根座