櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者の櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。岡山市北区奉還町の櫻根座スタジオでは、津軽三味線・ピアノの体験レッスンを随時受付中です!

ヘアドネーション初挑戦!

投稿日:   Author:ayaka

今日はついに長くのばした髪をヘアドネーションでばっさりと切ってまいりました!

【ヘアドネーション】(Wikipediaより)

「ヘアドネーション」とは、小児癌や先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子供のために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動。

------------

私がこれを知るきっかけになったのはお世話になっている企業のSNSの投稿でした。

ご存知の方も沢山いると思いますが、私がそうであったように、長い髪をそろそろ切ろうかなと思っている方がこのブログを読んでヘアドネーションに参加するきっかけになったら嬉しいなぁと思います。

------------

まずはいつも行っている美容院に連絡し、ヘアドネーション用に髪を切ってもらえることを確認。

ヘアドネーションは髪を濡らしてはいけないので、到着後すぐに切れる髪の長さを測り、切った後の髪型を話し合い、少しずつ束ねてゴムでとめてもらいました。

ウィッグには31cmの長さが必要なので結構ギリギリでしたがクリア!(31cm未満も何らかに役立ちますので受付てもらえます)

まとめたゴムの少し上をハサミでチョキチョキ。

切った髪を全てまとめて出来上がり!

髪が軽い!

まーるく整えて2年前と同じ長さに^^

あとはドナーシートを印刷して必要事項を記入し、髪と一緒にジップロックにいれて自分が選んだヘアドネーション団体宛に郵送するだけ^^

私が郵送した団体Japan Hair Donation Charity(通称:JHD&C,ジャーダック) のHPはこちら。(詳しい流れが書いてあります)

JHD&Cはカラーやパーマ、グレーヘアー問わず受け付けOK。

この受け入れの条件が団体によって違うので、色々調べて条件にあうところを選ぶのが良いかと思います^^

送付まで請負ってくれる美容院もありますので調べてみて下さい。

 

子供達のウィッグとして使ってもらえることを願い、気持ち新たにスッキリした髪で音万博にむけてラストスパート頑張ります!

スポンサーリンク

-ブログ, 日記

Copyright© 櫻根座 ♬ 2016-2019 AllRights Reserved.