渡辺 和子さんの今日の言葉@和楽リビング吉備中山

今日は朝、介護施設演奏。

渡辺 和子さんの今日の言葉を一枚📷

8月に呼んで頂いた際にもこの施設に渡辺和子さんのひめくりカレンダーが置いてありましたが、変わらず今年もこのカレンダーなんだなぁとつい見入ってしまいました。

お手洗いで笑

ついゆっくりしちゃいました笑

前回グッときた言葉。

よい人生かどうかは自分の捉え方次第。他人からの目ではなく答えは自分の中にあり、ですね^^

日常の中に気づきあり

今朝、デイサービスのお迎えに来られたお家の前を通りました。

優しそうな若い男性職員さんがおばあちゃんを車までゆっくり連れて行かれているのを玄関から心配そうに見送る息子さんと思われる男性。

その時の息子さんの表情とおばあちゃんの背中をみて何だか心がぎゅーっとなり。

昔は逆だったんだろうなぁ、なんて。

切ないような尊いような、そんな老いることについて色々考えながら私も介護施設へ。

改めて自分の仕事の意味を感じ、今日は目の前のおじいちゃんおばあちゃん達の向こうにご家族の想いを感じながら演奏。

歌いながら目が合い、にっこりすると目を大きく見開いて恥ずかしそうに笑うおばあちゃん。

武之氏の三味線の掛け声を真似して大きな掛け声を出して下さるおじいちゃん。

上手上手!と合いの手を入れて下さるおばあちゃん。

介護士の皆さんもとても優しく温かい雰囲気。

昨年から何度か来させて頂いている施設なので、入居者の方々のお顔も覚えていて楽しい時間でした。

また会いにいきます!

\ スポンサーリンク /

-活動日誌, ブログ, 津軽三味線, 演奏会, 日記, ピアノ

© 2020 櫻根座