櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者の櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。岡山市北区奉還町の櫻根座スタジオでは、津軽三味線・ピアノの体験レッスンを随時受付中です!

なにがどうなってこうなってしまったのか

投稿日:2018/5/22 更新日:   Author:ayaka

日大のアメフト部 元監督、コーチ、なにがどうなってこうなってしまったのか、な人達。

どうやったらあんな大人になってしまうのだろう。本当に腹が立つニュース。

不正なタックルを指示された日大の選手の会見を見ました。

大学生が名前も出して、顔もだして、生の声で謝罪会見までして、やってしまったことは許されないことではありますが、元監督やコーチより、よっぽど誠意がみられる。

元監督、全て自分の責任と言ったところで、結果 純粋にアメフトが好きで打ち込んできた青年の未来をも潰し、権力で威圧、ねじ伏せてきたことは変わらず、辞任したところで結局大学に留まろうなんて虫が良すぎる話。

会見中「断る選択はなかったのか」なんて質問に、テレビを見ながら「この感じ、断れるわけないじゃん!」と思わず声を出してしまいました ಠ0ಠ

この時期の先生の言うことは絶対、な空気、わかるのでムキーッてなります。

生徒が成長してくれれば、とあたかも生徒想いの監督を演じているから更にタチが悪い。

怪我をさせられた相手が障害が残ったり亡くなったりする可能性もあったわけですから、生徒が勘違いして勝手にルール違反したなんて言い訳をすればするほど怒りが増します。

元監督の権力が強いのかしりませんが、大学も生徒を守りなさいよ、と言いたいですね。

どうかあの青年が自分を責め過ぎないでこれから前を向いて生きていってほしいと願うばかりです。

子どもの未来を潰す大人にだけは絶対にならないようにしようと改めて思った5/22。

スポンサーリンク

-ブログ, 日記

Copyright© 櫻根座 ♬ 2016-2019 AllRights Reserved.