櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者である櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。津軽三味線教室(岡山・和歌山)にピアノ教室(岡山)、Live Performanceやイベントを通じて、世の中に音ギフトをお届けします。

渋谷CLUB QUATTRO満員御礼!

  2017/02/15   Author:ayaka

今、ここ数日を振り返ると何を書いていいかわからなくなります。

それぐらい一瞬の間に色んな感情が目まぐるしく、再会の嵐に心つかまれ、ステージに対しても上手く言葉にするのは難しく、ただただ一言

「ほんとに楽しかった」

久々の生みの苦しみを味わい、三味線は生楽器なので直前まで皮が破れるトラブルがないか、途中で3本しかない弦が切れたら私は何をやるか、色んな不安はあり、とにかく本当にこの2人でみんなを楽しませることできるのか、むしろ自分が楽しめるか、という感じでしたが、最後ステージからみた皆さんの笑顔で全て報われました。満員御礼!ありがとうございました。クアトロぎゅうぎゅう♡

40歳という節目の誕生日イブに観たいアーティストとして櫻根座を呼んで下さった音楽プロダクションCACUUの内藤社長、本当に本当にありがとうございました。

今まで過去に作ってきたバンドの曲を歌うことを拒んできた夫。

津軽三味線弾きに転向し、2度と聴くことが出来ないと私自身が思っていたザ・シューターズ時代の名曲「打ち上げ花火」

本番はさることながら、リハーサルで何度も聴けたこと、ピアノを弾けたことが、正直頑張ってきた自分への社長からのプレゼントだと思ってます笑

本番は、スタッフにもサプライズで、最後の最後、民謡ロックで終わるとみせかけてからのまさかの「打ち上げ花火」でしたが笑

後で聴くと、当時を知っている方はやっぱり櫻根は最後まで昔の曲やらなかったなと思いながら最後の曲を聴いていたようです。

「打ち上げ花火」の曲に切り替わった瞬間、泣いちゃったよと方々から言われ、サプライズ大成功にほっこり。

2度とは戻れない時間に一瞬でも戻った瞬間を頂き、心に引っかかっていたモヤモヤがちょっととれたのは私達だけじゃないでしょう。

対バンした他のアーティスト達も一緒じゃないでしょうか。

社長が観たかったものは、私達も当時のお客さんも同じだったんじゃないかと今になったら思います。

私も人生の節目でしたので、音楽、仕事、プライベートで東京で出逢ってきた人達、昔の私達を知ってくれている人達の集結を観れたのは何よりも嬉しかったです。

ライブレポートはちょっとずつやるということで、先にご報告とお礼を。

対バンの煌乃優さん、MUSIQUA、スチームスタイルピザバンド、GLASS TOP

ピアノを貸して下さったライブハウスTAKE OFF7さん

上京当時から私達を導いて下さったライブスケープ、関係者の皆様

お越し頂きましたファンの皆様、お客様

素敵な照明、音響で気持ち良いステージを提供してくださったCLUB QUATTROの皆様

遠くから応援して下さった皆様

携わって下さった皆々様に、本当にありがとうございました!

懐かしい面々と朝まで呑み明かし、過去の話、未来の話に花を咲かせ、また再会する日を想い、一本締めしたその足で和歌山へ来ました。

皆様から頂きましたバレンタイン込みのプレゼント♡頂いてしまったものもありますがありがたく頂きます!

三味線のレッスン後に岡山に戻ります!

ライブレポは後日!

とりあえず2/13(月)渋谷CLUB QUATTRO「WARP」はこれにて終了!

内藤武社長! HAPPY BIRTHDAY!!

 

スポンサーリンク