櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者の櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。岡山市北区奉還町の櫻根座スタジオでは、津軽三味線・ピアノの体験レッスンを随時受付中です!

櫻根座看板のサブタイトルの想い^^

投稿日:2017/7/14 更新日:   Author:ayaka

櫻根座の看板の下に表記された英語のサブタイトル。

【Small savings create volumes of happiness】

これには私達の想いがあります。

〜少しのゆとりが 大きな幸せを生む〜

櫻根座の音楽スタジオを作るにあたって絶対にいるのが看板。

どんなイメージなのか、どんな看板にしたいのか、ということもそうですが、誰にデザインをお願いするか。これはとても重要でした。

その道に長けている+私達のことをよく理解して下さっている方。

そして、この人しかいないと、2人でお願いに行きました。

ライブハウスMO:GLAの社長 福武三二(さんじ)さん。

実はデザイナーの三二さん。

実は、なんて言ったら怒られますが、看板デザインも沢山手がけてこられていることを知り、私達の想いを伝え、打ち合わせを重ねました。

ついに出来上がったぞ!と披露日。

今でもその時のワクワクは忘れません。

日本はもちろん、海外への想いもあるため、英語と日本語どちらも入れて頂きました。

SAKURANEZA 櫻根座
【Small savings create volumes of happiness】

私達がスタジオでやろうとしていることは、ちょっと寄って音楽でもしていきませんか?というサロン的な教室。

言うなれば、「レッスン後、時間があったらお茶でもどうぞ。」

こんな感じ。

やはり、生きてく上でゆとりは必要で、櫻根座のスタジオがそんな場所になっていったらいいなぁと。

その想いをサブタイトルにつけてくれました。

出逢って18年。

東京で音楽活動をしていた私達も、これまでのアップダウンも知っている分、説明することもいらず、すぐに想いは理解して下さり快く引き受けて下さいました。

岡山に戻ってきて三味線の教室をすることになり、どこか岡山でスタジオを借りて教室をやりたい想いを話すと、ライブハウスの一角の部屋を快く貸して下さいました。

この1年で生徒さんも集まり、今に繋がっています。

岡山に戻り、まだ手探りで、悩みながらの大変な時期に手をさしのべ支えてくれた方々を私達は忘れず、感謝しながら、生徒さんやスタジオ利用者の方々がホッと出来る場所作りに勤しんでいきたいと思います^^

ほんのり癒しのアロマも毎日セット^^

ウォーターサーバーも皆さん喜ばれています٩( ᐛ )و

明日は介護施設演奏で2人で挑戦した新曲お披露目。楽しみー!

出張演奏のため17時オープン、21時クローズです。

さぁ、本格的な夏日和。体力勝負!

ゆっくり休みましょー!

スポンサーリンク

-ブログ, 日記

Copyright© 櫻根座 ♬ 2016-2017 AllRights Reserved.