櫻根座

櫻根座は、岡山県出身のアーティスト兼津軽三味線奏者である櫻根裕之(武之)、ピアニスト櫻根あやかの音楽一座です。津軽三味線教室(岡山・和歌山)にピアノ教室(岡山)、Live Performanceやイベントを通じて、世の中に音ギフトをお届けします。

シチュエーション効果 侮るなかれ

  2016/06/22   Author:ayaka

素敵なレストラン、素晴らしい夜景、そしてプロポーズ!そりゃ世の男性のほとんどは考えますよね。個人的には、そういうシチュエーションはどちらでもいいのですが笑

やはりシチュエーションは大事ですってお話です笑

これまで、公民館、体育館、幼稚園、老人ホーム、ホテル、野外、と様々なところで演奏してきましたが、中でも津軽三味線の音とマッチし、より心が癒されたのはやはりお寺での演奏会。

tera

人間の五感である、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のうち、聴覚だけではなく視覚からの情報は大きいです。もっと言えば、そこに嗅覚(香り)が加わったらさらに最高じゃないかと。

お寺であれば、お線香、好きなお香をたき、その中で演奏を聴く。あー、たまらない。

こうやって自分が観たい聴きたい感じたいことをイメージすることからいつも全てが始まるのです。

写真は昨年末に初めて企画させて頂いた和歌山の正住寺での奉納演奏会。
沢山の方のご協力もあり、それはもう最高のシチュエーションの中、大成功となりました。

武之が所属する廣原会は日本と台灣に教室を持っており、津軽三味線大阪大会で来日していた台灣の生徒さんも含め、廣原武美師匠と生徒10名、民謡歌手の柿崎竹美さんが加わって、迫力満点の演奏会となり、檀家さんの皆様からお喜びの声を沢山頂きました。

tera2

このシチュエーションの中、準名取となった武之の授与式も行われ、いいスタートを切らせて頂き感謝。

tera3

ホール演奏会での照明効果、衣装効果、舞台装置などシチュエーションは自分達で創り出すこともできる。

ステージを創るというのは本当に奥が深い。
お寺と同じくらい五感を使って楽しめるステージを、いつか大きなホールで実現させたいものです。
出来るかどうかじゃない。やるんです!ですね。

しっかり日々積み重ねて、準備しよう。

スポンサーリンク