「いつも綺麗に使って頂いてありがとうございます」について

最近ちょっとハマっているNHK土曜ドラマ「やたら弁のたつ弁護士が学校でほえる」

このドラマの中で、コンビニのトイレによく掲示されている「いつも綺麗に使って頂いてありがとうございます」の言葉について触れている場面がありました。

オブラートに包んでいるようだけど、感謝という形で「汚すな」ってプレッシャーをかけられている気分になるという話。

そんな捉え方があるのか!という驚き(*0*)

人間の心理としては、もし綺麗に使ってなかったとして、ありがとうございますって言われると嫌な気持ちにはならずに気をつけようかなと思うから良いよねと素直に受け取っていた私。

何でもそうですが、同じ内容でも受け取る側によって捉え方って変わるということ。

それは解ってはいたけど、このトイレの張り紙に対してプレッシャーをかけられている気分になるっていう考えは斬新だった!

(・。・;)

自分の価値観だけで生きるって視野が狭くなっちゃうから、こういう違う捉え方をする人もいるということを知るだけでも視野が広がってヨイですね。

しかし、このドラマ、なかなか面白い。30分じゃ物足りない!

実際、今の学校教育問題、色々大変なんだろうなぁとその現場で働く友人達を想った5/19。

みんなファイッ!

\ スポンサーリンク /

-ブログ, 日記

© 2020 櫻根座