2019年幕開けは正に「音」「楽」

昨年末から高校の同級生との交流が偶然にも重なり、その流れのまま2019年突入。

帰省している友人夫婦と小学生の三男をスタジオに迎え、三味線体験からのまさかの全員でセッション。

友人と私はピアノ、旦那さんはエレキギター、武之氏は津軽三味線、ドラムパッドで三男君も参加し音遊び。

20年ほど前、同級生の友人とは歌とピアノでデュオを組んではいましたが、元々プロのベーシストの旦那さん。

旦那さんともかれこれ20年来の付き合いですが、10年前、代々木公園の野外ステージを観に行って以来。

あのステージは本当に素晴らしいステージで、心踊っていたことを今でも思い出します。

ステージを見る側にいた私としては、ベースではなくエレキギターとはいえ、一緒に音を楽しめる日が来ようとは感無量な時間。

夢のようなセッションタイム。

友人とはピアノレッスン同業者としての情報交換しているうちに、ノリで連弾!

高校ではそれぞれピアノを弾いていたし、デュオは彼女が作詞作曲兼ボーカルだったので、実は何気に連弾は初めて。

こんなに音楽って楽しかったっけ!と思うぐらい久々の感覚。

2019年、いいスタートです^^

明日は東京から帰省している高校の同級生の5歳の息子さんにピアノ体験レッスン。

楽しさを感じてもらえたらいいなぁ。

最初の印象は大事。

私が楽しければきっとOK^^

難しく考えず、喜ぶ心を忘れず、楽しまなきゃです。

感動する心、喜ぶ心、これがあれば音楽も人生も豊かになるのだ、のだー!

\ スポンサーリンク /

-ブログ, 日記

© 2020 櫻根座